ホーム > アーカイブ - 2014年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

んまあ

友人「携帯止まったし好きな子mixiやめたから連絡取れない」

僕「 きみ人を好きになったりすんの?」

友人「口の中噛みきって血飲んでもらいたいとか書いたらイイネしてくれたし両想いっぽい」

僕「 僕も好きな子がいるんだけどパンツくれって食い下がってたら嫌われた」

友人「 パンツ気持ち悪くない? 彼女のパンツでもあんま触りたくないと思うときある」

僕「 欲しいだろ。キチガイか?」

友人「 キチガイはテメーだろうが。脱いだ後のパンツって気持ち悪くないですか・・・」

僕「まあ彼女のパンツはちょっと違うよね」

友人「価値ないよパンツに」

僕「パンツとか見て当たり前だし、手に入れようと思えば一瞬で手に入るでしょ。
  だから彼女のパンツはクソ」

友人「きもい・・・」

僕「おめーのほうがキメーよ」

友人「俺は純愛しかしないぞ」

僕「彼女じゃない好きな子のパンツをこっそり盗んでおちんちんに被せて心の底からオナニーしてみたい・・・」

友人「俺はシャワー浴びた後はベッドまで手つないで滑って転ばないようにしてあげてるよ」

僕「介護じゃん」

友人「ババアと付き合ってるからね」

僕「 ババアとか興味ないからパンツ談義続けよう。パンツに文学が詰まってる」

友人「いらねえよ、マジでパンツって」

僕「じゃあ何がほしいんだよ」

友人「マン汁だろ」

僕「 全然ほしくない・・・。そんな短絡的なアイテムに魅力は感じませんね」

友人「俺はセックスするとき濡らすことに命(タマ)かけてるから。
    新垣結衣のパンツすらいらない」

僕「セックスの段階まで行くってことはそれ以前の微妙な駆け引きとかクリアした後ってことになるでしょ。
   もうゴールじゃん。おもしろくないよ」

友人「ゴールしたら捨ててるよ」

僕「僕もだよ」

友人「お互い嘘を言うのやめよう・・・」

僕「う、うん・・・」

友人「 乳首つねりたいよ」

僕「 それも特にどうでもいい」

友人「乳首の弾力いいじゃん」

僕「乳首に到達する前の、服の下から手を這わせて乳房に行く着くまでがピークだよ。
   しかも初回に限る」

友人「 あるねそれは。セックスしてもいいよって言われた時がピークだと思う」

僕「: つ、ついに肉体関係結んじゃいます的なね。 乳首までいったらもうゴールだから捨てます」

友人「そっけなくなるよね」

僕「 セックスしたい」

友人「風俗いけや。
   飛田新地いったら?」

僕「そんなんどうでもいい風俗とか文学性皆無だし。まだオナニーの方が格式が高い」

友人「 風俗はダダでしょ」

僕「タ、タダ!?どんな裏ワザ使ってんの」

友人「ダダイズムだよ・・・」

僕「ああ・・・ダダってなんですか・・・」

友人「 あれだよ。
ダダ
  ウルトラマンのしましまの奴だよ」

僕「 一瞬で思い出したわ。風俗と関係ねーだろアホ」

友人「売るトラまんつって」

僕「面白くない。で、なに、ダダイズムって」

友人「美術で習うだろうが。中卒か?」

僕「 高校で美術とかやってないしwiki読んでもよくわかんないんですけど。
  一言で教えて」

友人「ボカーン」

僕「中卒か?」





友人「最近選挙ポスターに唾吐いてるよ」

僕「パンクかよ」

友人「色落ちしてだんだん白くなってきたよ」

僕「 同じポスターにしか吐いてないんだね」

友人「“日本維新の会”って文字の“維”の字に吐いてる」

僕「パンクじゃなくなってきた」

友人「選挙ポスターに顔射したら怒られるんかな」

僕「顔射する前の時点で怒られると思うよ」

友人「怒られながらシコるの気持ちいじゃん。感じてきた」

僕「僕Mの気持ちはわかんない・・・」

友人「ガマン汁出ちゃった・・・」

僕「ごはん炊けたからごはん作ってきますね・・・」
スポンサーサイト
[ 2014/08/31 15:32 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。