ホーム > アーカイブ - 2012年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

社会が個人に与える影響とそれに関連して起こりうる現象についての考察

今まで度々
「僕ってもしかしてキチガイなんじゃ?」
と思うことがあったけど、
実際自分は良識もあるし論理的でありしかし感情に重きを置く人情深い面も併せ持つ的なことを
無理矢理考えて自己暗示かけてたけど、更新してなかったここ数か月で
自分がキチガイの可能性が高くなってきたことを感じ始めてブルブル震えてる。

思えばこれまで交友関係は恵まれすぎてたと言えるくらい恵まれてたけど
よくよく考えるとみんなキチガイだった。
外面的には普通のイケメンや面白い人や頭の良い人やバカな人だと言えるんだけど
やっぱりみんなどこかしら頭がおかしかった。

関東に出てきても遊ぶ友達と言えば地元からの友達2人が主だった。
20年以上の付き合いのキチガイに高校からの付き合いのキチガイ。
20年キチガイはキチガイだから大学卒業後メディア関係の学校出て就職を蹴り地元に帰った。
高校キチガイはキチガイすぎて「オナニーする」と行ってイギリスに行った。

その2人はほぼ同時期にいなくなり
気兼ねなく遊べる友達と呼べる存在は関東には誰一人としていなくなったのである。
するとどうだろう。アレなギャンブルをしてもただ空しいだけとなり、進んで行くことはなくなった。
あれだけ嫌いな大学にも真面目に行き、勉学に励むようになった。
自分の生活環境が不健康すぎることに気づいて空気清浄機も買った。
ちんこを出した瞬間マッハで空気清浄機が怒り狂いだしてからは風呂にも毎日入るようになった。
風邪を引かぬようにと加湿もするようになった。
肉体の衰えを感じ、ほんの少しでも体を動かすことにもした。

どうだろう。実に真人間ではないか。
しかし少年は気づいた。真人間こそがキチガイなのであると。
善悪は相対的理論でしかなく両者とも善であり悪である的な考えだね。
じゃあどっちみち僕はキチガイなんじゃ?なるほどこれは一本取られたわい。
ではなく、真人間がマジでキチガイじみてて怖いんです。
ネジ吹っ飛んでますよ。見て見たまえよ、あの顔、あの振る舞い。アシモかてめーは。
機械的であるが故に、その心の深淵には常軌を逸した趣味嗜好が見え隠れするではありませんか。
あんな真面目で人当たりがよかった彼こそ猟奇的な殺人事件を起こしたり
好きな子の服を着て鏡に向かって罵り散らし性衝動を発散させたりするんです。
意外な暗い一面の恐るるべきことこの上なし。

しかしよく考えてみればこれこそが現代日本の教育と政治が生み出した悲劇なのである。
個であることを咎め、集団であることを奨励する社会が導いた結果なのだ。
そして本来、個である個人が自らの人間性を自覚することを忘れ、迷走するのである。

ゴミ箱に捨てた使用済みオナホを掘り返して再利用するという行為に出るのである。
さらにそのオナホを数日後掘り返して再々利用するのである。
躊躇うことなく使用して疑うことなく射精する。
サザエさんを録画して見るという行為も平気でする。
集団に埋入した個人の個とは。

ということで久しぶりに正気に戻ってここ最近の自分の狂気に気づきブログを書きました。
自分がないって恐ろしい。本当の僕を返して。
そろそろ、わざわざ無音カメラを取って自分の脱糞する姿を盗撮とかしそうです。疑うことなく。
もういやだ。助けろ。
スポンサーサイト
[ 2012/12/04 22:42 ] 雑記 | TB(0) | CM(10)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。