ホーム > カテゴリー - 雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

汚点

青春。僕の青春はタバコとギャンブルと音楽と射精だった。
思い出の切れ端を無作為に拾い上げても、これらのいずれかがすぐにそばにあった。
人生で一番楽しかった時期はいつかと聞かれれば迷うことなく中高時代と僕は言うが
表立ってこんな輝かしい青春してました!と胸を張って言えるようなイケメンリア充ライフではない。
当時は自分たちが世界で一番面白く人生過ごしてると感じていたが、
今思い返すと著しくアホだっただけ。
たぶん自分が小学生の時より、なぜか成長した中高の時のがアホだった。
小学生時代も猛烈にクソガキだったが、中高は行動範囲や知識、体力が増加する一方で
何故かオツムの方の機能低下が苛烈を極めていた。
変態的、反社会的行動は列挙には暇が無い。でも笑い話にできる程度のものだからね!
当然、ティーンエイジャーの女子に好感を抱かれるような爽やかさは皆無だ。




そんな青春を過ごしていた僕達にも、浮いた話は何故か無いわけではなかった。
グループ交際という古臭さを感じる何とも絶妙に気持ちの悪い感じのことまでしたこともある。
そのグループ交際に発展した事の発端だが、仲間内に凄まじくモテない奴がいて、
そいつが、がっつきにがっつき、他校の女子とのグループ交際に持ち込むことに成功したからだ。
どうしても彼女が欲しかったんだって。
仲間思いの僕達は「しんどい」「絶対ブス」という温かい言葉をかけるも
あまりにしつこい頼み込みについに折れ、3対3のグループ交際とやらに挑んでみたのである。
僕らはこの事件のことを、単純に「汚点」と呼ぶ。


そして顔も見たこともないメスと適当なメールで適当にやりとりをしながら
やってくるグループ交際1回目。
隣町の駅前で待ち合わせ。急にめんどくさくなり帰りたがる僕ともう一人の友人。
今思えば嫌な予感もあった。
あとのモテない方の友人は完全にばっちりキメて女子の登場を今か今かと待ちわびている。
正直ぶち殺したかった。
でもまあ本当に帰って残された友人がふてくされるのもアレだったんで当然待ちましたよ。
そしたら来ました。







砂
「ごめんお待たせ~」×3











7T2Vn.jpg
言葉が出ないボクラ






ひどい。
なんということでしょう。太っていたり歪んでいたりとバラエティ豊かなのだが
みんな一様にブスだ。化け物と言っていい。
僕達は顔を見合わせ
「てめーふざけんな」
「常識考えろ」
「すまん」

という会話をテレパシーで瞬時に行った。

後でこの時のことを責めると
「いやあ、声はかわいかったんだよ」
と言ってきたのでグーで殴った。

とは言え、いくら化け物に見えても実は彼女らは心を持った人間。
「やァ~い、化け物の相手はできないから帰るぜェ~~!」
と言って走り去ることもできない。


とりあえず無難な挨拶と簡単な自己紹介を引きつりつつある笑顔で済ませ、
僕は「ああ、僕がメールしていたのはこっちの方のブスか」と思った。

その後は散々だった。傍から見れば3対3のデートと見えなくもない。
嫌だ。誰かに見られたくない。極力人が少ない場所を選んで早々に解散したい。
醜い女性たちが映画が見たいと言うのを死力を尽くして阻止したり
「じゃあ今からはそれぞれの(メールしてた)組で自由行動とか?」
みたいな狂言を僕らの完璧なチームワークと力技で打ち消したりした。危なかった。
何がかはわからないけど阻止できてなかったら何かが危なかった。
そして早々に解散でき、僕たちは感動にむせび泣いたのであった。




もう二度とゴメンだね!と思った僕らはこれを最後にグループ交際を断りに断り続けた。
だが、まあなんとなーくメールのやり取りとかはしたよね。
女だって意識しなくていいから楽だし暇潰し程度にはなる。
でも今思えば暇潰しでも無理なほどのブスなのになんでメールしてたんだろ。
そんなにアホだったのか。



そして数ヶ月ほど経った時、僕からなんとなく、ほんとに他意は無く、なんとな~く

「イヤァ、彼女欲しいねぇ。誰か紹介してクンロ」

といった文面のメールを送った。
そしたらこう返ってきた。


「私じゃ、ダメかな?」



ハッハッハ、なんて稚拙な冗談なんだ。
そう思った僕はこう返した↓









「サヨウナラー」










その0.253秒後、窓ガラスを割る勢いで携帯電話が激しく鳴り響いた。
電話だ・・・。





3065213.jpg
「ごめん、今のこと忘れてくれる?」
「え」
「誰にも言わないでね・・・」
「あ、うん・・・」





ギャー!もしかしてマジだったんですか!?
いやあ、怖かった。
それにしても、彼女が本気だったとしてちょっとかわいそうなことしちゃったかな。
あんまりな返事だったもんなあ。(例:サヨウナラー)

その後、さすがに気まずくなり、嫌な予感から冷や汗とかも出るので
メールとかは全部気付かないフリした。
もうひとりの友人も似たようなことになったらしい。
出会いは無理矢理作るもんじゃないよね!

そしてあとのモテない方の友人はなぜか地道に連絡を重ね、
ブスだから彼女にはできないけどセックスはした
という誰も幸せになることのない情報を伝えてきた。死ね。
スポンサーサイト
[ 2014/12/08 00:08 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

近況



・実家の蛇口が壊れててむかつくから蛇口パンしたら骨折しかけた。

・海に行く。
浜辺でプロレスごっこ。
デジャヴ(プロレス技)をやろうとするも、ちゃんと受けてくれず腰を強打。

・いろいろあって高校卒業して以来会ってない元カノに会う。
飲んだ後、「セックスしようぜ」という心無い言葉を投げかけ断られる。
じゃあ意味ないと思って、ふてくされて帰ろうとするも家に呼ばれる。
やっぱ誘ってんじゃねーかメス豚!と思うも酒が弱い僕は家に着いた瞬間爆睡。
起きた頃には元カノも寝てた。アトミック放置した身でわざわざ起こして
「セックス」とは言えなかったので
バレないようにおっぱい揉む。たぶんバレてる。


・アイパッドを買う。39800円くらい。
買った頃は自慢しまくって無駄に写真とか撮りまくるも
今ではただの板。

・ノートパソコンを踏んづける。
バキっという音がしたから急いで確認。特に目立った外傷はなし。
よかったよかったと電源を点けたら液晶バキバキになってる。
キレて窓からノートパソコンを投げ捨てる。





・久しぶりに天鳳をする。
しばらく麻雀から離れてたせいで麻雀のルールってどんなのだっけ、
なんで竹の1が鳥なの?ウケル。みたいな感じになる。
案の定ラスりまくってぶち切れた瞬間に卓が立たなくなる。
これだから鳳凰はクソ。500円返して。

・天皇賞直前、溝にハマったダークシャドウの画像を見て死ぬほど笑う。
溝
以後、ダークシャドウはネタ馬化。
以降の競馬では「あの顔した時点で終わり」という理由で予想から完全に外すようになる。

・天皇賞負ける。
ジャスタウェイがディープインパクトに見えた。キレる。
帰ってから気を紛らわせるために天鳳を打とうとするも
鳳凰卓東南戦でジャスタウェイというIDが打ってるのを見て
普段打たない東南をキレ予約しそうになる。

・夜中に音楽に合わせて自分のパンツを上げ下げしながら一心不乱に歌う。

これの「ピポイコッシ!ピポイコッシ!」てとこ。

・おなら出るぜうおおおおお出たぜ!とか言ってるところを引っ越し作業中の隣人に見られる。

・裏スロで1時間で100k勝つ。
まあこんなもんでしょ・・・とか思ってたら翌日、
めんその通常後ハマリ3%を引き天井まで連れて行かれ、しかもバケ単。
100k負ける。

・ぶち切れてマイルCSにJRAの陰謀読みで25kぶち込む。
100k勝つ。JRAの陰謀は存在する。

・セーラームーンが何周年だかでよく見かける。
その度に小さいころにセーラームーンたちに体を押さえつけられて
「早くwほらw」みたいな感じで無理やり小便させられた
という夢を見てオネショしたことを思い出す。
(マーズがニタニタしながらわざわざ小便器まで持ってきた)
セーラームーンを見るたびにそれを思い出すので
許せない気持ちと恥ずかしい気持ちと懐かしい気持ちになって元気がなくなる。
今その夢見たらたぶん夢精する。

・YouTubeの外人の動画のコメント欄に外人のフリして
「Amazing,man!」とか書き込むのをやめる。意味がない。

・おっぱい画像が目に入ったので「おっぱい!」って言ったらゾッとするほど虚しく響いた。

・正直めっちゃ勉強しなきゃいけないけど、
夏終わって以降モチベーションが下がりっぱなしだから
最近できた喫茶店の、かわいいけど雰囲気イモだから
同級生には卒業してから気付かれそうな明らか処女の色白眼鏡ちゃんを見るために
そこそこの頻度で通うようになる。
最初めっちゃ手震わせながらコーヒー持ってきてたのに最近震えないから面白くない。
あとたまに新入りらしきブスが持ってくる。
[ 2013/11/21 23:13 ] 雑記 | TB(0) | CM(12)

社会が個人に与える影響とそれに関連して起こりうる現象についての考察

今まで度々
「僕ってもしかしてキチガイなんじゃ?」
と思うことがあったけど、
実際自分は良識もあるし論理的でありしかし感情に重きを置く人情深い面も併せ持つ的なことを
無理矢理考えて自己暗示かけてたけど、更新してなかったここ数か月で
自分がキチガイの可能性が高くなってきたことを感じ始めてブルブル震えてる。

思えばこれまで交友関係は恵まれすぎてたと言えるくらい恵まれてたけど
よくよく考えるとみんなキチガイだった。
外面的には普通のイケメンや面白い人や頭の良い人やバカな人だと言えるんだけど
やっぱりみんなどこかしら頭がおかしかった。

関東に出てきても遊ぶ友達と言えば地元からの友達2人が主だった。
20年以上の付き合いのキチガイに高校からの付き合いのキチガイ。
20年キチガイはキチガイだから大学卒業後メディア関係の学校出て就職を蹴り地元に帰った。
高校キチガイはキチガイすぎて「オナニーする」と行ってイギリスに行った。

その2人はほぼ同時期にいなくなり
気兼ねなく遊べる友達と呼べる存在は関東には誰一人としていなくなったのである。
するとどうだろう。アレなギャンブルをしてもただ空しいだけとなり、進んで行くことはなくなった。
あれだけ嫌いな大学にも真面目に行き、勉学に励むようになった。
自分の生活環境が不健康すぎることに気づいて空気清浄機も買った。
ちんこを出した瞬間マッハで空気清浄機が怒り狂いだしてからは風呂にも毎日入るようになった。
風邪を引かぬようにと加湿もするようになった。
肉体の衰えを感じ、ほんの少しでも体を動かすことにもした。

どうだろう。実に真人間ではないか。
しかし少年は気づいた。真人間こそがキチガイなのであると。
善悪は相対的理論でしかなく両者とも善であり悪である的な考えだね。
じゃあどっちみち僕はキチガイなんじゃ?なるほどこれは一本取られたわい。
ではなく、真人間がマジでキチガイじみてて怖いんです。
ネジ吹っ飛んでますよ。見て見たまえよ、あの顔、あの振る舞い。アシモかてめーは。
機械的であるが故に、その心の深淵には常軌を逸した趣味嗜好が見え隠れするではありませんか。
あんな真面目で人当たりがよかった彼こそ猟奇的な殺人事件を起こしたり
好きな子の服を着て鏡に向かって罵り散らし性衝動を発散させたりするんです。
意外な暗い一面の恐るるべきことこの上なし。

しかしよく考えてみればこれこそが現代日本の教育と政治が生み出した悲劇なのである。
個であることを咎め、集団であることを奨励する社会が導いた結果なのだ。
そして本来、個である個人が自らの人間性を自覚することを忘れ、迷走するのである。

ゴミ箱に捨てた使用済みオナホを掘り返して再利用するという行為に出るのである。
さらにそのオナホを数日後掘り返して再々利用するのである。
躊躇うことなく使用して疑うことなく射精する。
サザエさんを録画して見るという行為も平気でする。
集団に埋入した個人の個とは。

ということで久しぶりに正気に戻ってここ最近の自分の狂気に気づきブログを書きました。
自分がないって恐ろしい。本当の僕を返して。
そろそろ、わざわざ無音カメラを取って自分の脱糞する姿を盗撮とかしそうです。疑うことなく。
もういやだ。助けろ。
[ 2012/12/04 22:42 ] 雑記 | TB(0) | CM(10)

あけた

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
そして23歳になりました。
もう完全に大人です。最悪です。


というか何故かリアバレしてこのブログ数人に監視されてることがわかったのでもうやめます。
いつまでもちんちんとかうんことかのことばっかり書いてるブログとか恥ずかしいですしね。
これからは大人らしくフェイスブックで大学や仕事関連の人たちフォローしまくって
社交辞令や学術的考察をつぶやきまくった挙句に
突然ちんちんの写メを上げてアカウント削除したいと思います。
[ 2012/01/31 19:05 ] 雑記 | TB(0) | CM(6)

国土交通省の陰謀

コンバンワ^-^
先日、道路でバスケをしていたクソガキどもが誤ってボールをこちらに転がしてきたので
華麗なヒールリフトでボールを戻してあげたところ
やっぱりバカなガキどもだったみたいで「やり方を教えろ」と群がってきました。
もちろん全部聞こえないふりをしてそのまま帰りました。




ということでお久しぶりです。メイナっちゃんだよ。
私が更新するということは、
そうだね、糞尿の話だね。



ことの始まりはですね、今月の上旬くらいに遡ります。
現在お姉ちゃんからお車をお借りしているわけでね、
わしゃどこまでも行けるで!状態なんですよ。
そんでもって休日、朝の4時から出かけます。千葉から神奈川へ。
なんでってそりゃ
gfs.jpg
快盗天使ツインエンジェル3を打つためだよね。
朝一並ぶに決まってるじゃないですか^^;アホなんですか?^^;



関東って24時間どこでも渋滞してるイメージだったけど早朝ともなれば割と空いてる。
ちょっと背伸びして首都高なんぞを走ってみる。
なんだか大人になれたカンジ(*^-^)

とか思ってたら

kibayasi.gif
ム・・・!なんだこれは・・・!?

下腹部に違和感。
これまでの人生で数えきれないほどに感じてきたものだ。
率直に言うなら、うんこしてえ。

前にも述べましたが、私はうんこを我慢することができません。(過去記事参照

首都高のど真ん中、田舎と違っておいそれと高速を降りることはできない。
降りても都会のど真ん中、路駐もできずトイレも見つからずうんこまみれになるのが見えている。

焦るな焦るな、まだほんのちょっとした違和感だ。
ごく稀だが、気のせいだった~wなんてこともある。0.1%くらいの確率で。
それに稀に、15分くらい我慢できた~(^^)vなんてこともある。5%くらいの確率で。
とりあえず応急処置をすべし。
ベルトを外しズボンのボタンを外しさらにチャックを降ろす。
パンツのゴムのところも大腸を圧迫しないような位置に修正します。
片手でこの動作を滑らかな手つきで一瞬のうちに終えます。
しかし所詮応急処置、これで楽になるのは、もって10秒とかだったりなんですよね~。



10秒後・・・





images (3)
ウガアアア!!ヒヒイイアアアアア!!!!


なんということでしょう。もう臨界点です。
脂汗が滝のように流れ、視界が狭窄する。
自然と運転も荒くなる。なんかブオーン!とかいってアクセル踏んでる。

終わる!!終わる!!!首都高でうんこ漏らす!!さすがにこれだけはない!!!

焦燥と苦痛に顔を歪ませながらも私は希望を捨てない。

探すのだ!Pの文字を!
アイ ベリーベリー ウィッシュ パーキングエリア! 

メイちゃん時間で1時間、現実的な時間に直すと数十秒。

images (1)
メイナードが~ パーキングの標識と~ 出会った~






images.jpg
ありがとうございます・・・!
ありがとうございます・・・!



意気揚々とパーキングに入る。
さーて、駐車して・・・と・・・


次の瞬間、私は首都高本線を走行していた。



あ!?!?!?

アーーーーー!!?!?!????!

な、何が起こったの!?!?!!?!?

ハアアアアアアアアアア!!?!?!??!??



一瞬にして大混乱。
お、落ち着け落ち着け何が起こったか冷静に判断シェエエエエエイッ!!!!
落ち着けるかああ!!!!ただしこれだけはわかるぜ!

あれはパーキングなどではない、蜃気楼だったのじゃ・・・。


私の記憶の中では、距離にしてパーキングの全長約20m。
それに加えてトイレらしきものも見つからなければ駐車場すらなかった。
あるのはただ短い道のみ。
出口と間違えた?いやいや、それならば今高速を走っている説明がつかない。
やっぱりあれはパーキング・・・?
都会ではあれがパーキング・・・?


ないわな。
蜃気楼だわな。



だって普通パーキングってこうじゃないですか↓
hfgd.jpg



それが道て。一本道て。短いただの一本道て。

もしかしたら本線戻される前に
「こいつひっかかっとるwww国土交通省より」
っていう標識があったのかも・・・。




そして現実へ―――




gfa.jpg
ガアアアアアアアア!!!!!
ととおおおきめきとおおおおまどいいアアアア!!!




トキメキ一途を歌って気を紛らわすという悪あがき。
全然紛らわない。
この先パーキングがある気配も全くない。
人生終わった。



も、もう車の中で漏らしたろか!?
わしゃ別にええねんで!!


そんなことを本気で考え出し、せめて被害を最小限にとコンビニ袋を手にした瞬間


天啓っ・・・!
閃くっ・・・!悪魔的閃きっ・・・!!!




fdsg.jpg
こういう非常停車帯に・・・

停車すれば・・・!
それも車と窪んだところの陰で進行方向からの死角ができるように・・・!
幸い首都高というだけあって防音壁がずっと続いている。
ほぼ完璧な死角ができるだろう・・・。
そ、その死角で脱糞すれば・・・!
進行方向から来なさる車からしたら
「お、車が停車してるぞ。トラブルかも?」
くらいにしか思わないだろう。私が死角で脱糞してるとも知らずに。

fdsg2.jpg
こんな感じ。



そうと決まれば早速停車するぞ!ウオオオ!!!



gf.jpg
ギャギャギャギャ!!!(ドリフト)


我ながら上手く停車できた。
ポケットティッシュを片手に左側のドアから降車。
すごいね、高速道路って普段揺れてるんだね。風強いんだね。
そしてゆっくりとパンツを降ろし、
珠のようなお尻をさらけ出す。


ブ、ブリュブバ(略)



喜び、不安、空虚、羞恥、爽快感まで
あらゆる感情が渦巻く中での非常に稀有な脱糞であった。


おそらく全て出し切ったであろうと判断し、ケツを拭う。
そしたら

飛ぶわ飛ぶわ
僕のうんこ付きティッシュ(笑)


だってさあ、車が高速で行き交ってるんだよ?
そら強風発生しますわ。うんこティッシュ飛びますわ。

すっかり余裕の僕はスゲーwとか言いながら飛ぶティッシュを眺める。
満足して車に戻ろうと後ろを見ると


僕のうんこの後ろにまた別のうんこがあるんですけど・・・。


黒く、水気を失いひび割れているところから考察するに
この別のうんこは過去に誰かがここで脱糞したことを示す。
思わぬ場所で同胞を見つけた喜び、
それと同時に私は憤りも感じたのである。

国土交通省はうんこを軽視している。
首都高のパーキングエリアの配置数に対する迅速な対応を要求する。
被害者はたくさんいます。絶対に許すな。
[ 2011/10/21 01:10 ] 雑記 | TB(0) | CM(7)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。